冬の散歩道(2)

1月20日(水)大寒なのに、空は真っ青で快晴、空気も澄んでいます。
陽ざしが明るく心なしか暖かく感じる気持ちのいい日でした。
コロナの緊急事態宣言下ということもあり、遠出も出来ず、
ウォーキングで2~3人に会うだけの近くの堤防沿いを
下流方向へ行ってみました。
伊吹山(標高1377m)がとてもすっきり綺麗に見えます。
no.1.JPG

幹線道路の橋の上から北側を見ています。 水鳥が少しいるようです。
no.2.JPG
no.3.JPG

伊吹山を少しズームして… 山肌を横切っているドライブウェーが見えます。
冬は通行禁止、雪が融ければ(例年は4月頃)開通します。
no.4.JPG

下流へ向かって堤防を1キロ程南へ来ました。
伊吹山が遮るものがなくよく望めます。
no.5.JPG

大空をシラサギ(白鷺)が飛んでいきました。
no.6 シラサギ.JPG
no.7.JPG

堤防を歩き、さらに2キロ程下流まで来ました。
東海道新幹線の線路です。伊吹山と新幹線を撮ってみます。
速度が速いのでうまくいきますかどうか?
no.8.JPG

養老山地 少し白くなっています。
no.9.JPG

伊吹山と線路が見える堤防の上で新幹線の来るのを待ちます。
no.11.JPG

まだ来ないので立っている堤防道路と河川敷の田んぼです。
no.12.JPG

上り電車が轟音と共に来ましたぁ~。
no.13  上り電車.JPG
GIFアニメにしてみました。
no.14  新幹線下り電車GIFアニメ.gif

河川敷の道を反対側へ向かって帰ろうとしたら下り電車が通っていきます。
no.15 下り電車.JPG no.16.JPG
no.17.JPG no.18.JPG
no.19.JPG
新幹線と伊吹山が一緒に撮れて良かった♪

河川敷の潜り橋を渡って戻ります。南側です。
no.20.JPG

北側 新幹線の線路がすぐそばに見えています。
no.21.JPG
川の中に水鳥がいます。
no.22.JPG
オオバン(大鷭)の集団です。
no.23  オオバン.JPG
上流に向かって整然と泳いでいます。
no.24.JPG
また新幹線が轟音と共に通っていきます。
no.25.JPG
オオバンたちは轟音に驚いて一斉に水の上を飛び跳ねていきます。
no.26.JPG
次の新幹線が通ると反対方向へ慌てて飛びます。
こんな音のする場所に居なくてもいいのに…。


河川敷きの田んぼの畦道には野の花が寒そうに咲いていました。
タンポポ(蒲公英)
no.27  タンポポ.JPG
キク科 タンポポ属
分布 ユーラシア大陸(自然分布)
花言葉 真心の愛、愛の神託、別離


ナズナ(薺)
no.28 ナズナ.JPG
別名 ペンペングサ、シャミセングサ(三味線草)
アブラナ科 ナズナ属  春の七草の一つ
原産地 中国 日本(全国に分布)
花言葉 すべてを捧げます


オオイヌノフグリ(大犬のふぐり)
no.29  オオイヌノフグリ.JPG
小さな虫がもう活動しています。
no.30  小さな虫.JPG
別名 瑠璃唐草、天人唐草、星の瞳
オオバコ科 クワガタソウ属
原産地 ヨーロッパ
花言葉 信頼、神聖、清らか、忠実


                  撮影日: 1月 20日 



 ☆*・..。. .。..・*☆  ☆*・..。. .。..・*☆  ☆*・..。. .。..・*☆



散歩道では花があまり見られなかったのでプランターで元気な植物を少しだけ。

ハボタン(葉牡丹) 寒さが厳しいと色鮮やかになるようです。
no.31  ハボタン.JPG
アブラナ科 アブラナ属 古典園芸植物
原産地 ヨーロッパ西南部  (キャベツの仲間)
花言葉 利益、慈愛、物事に動じない、祝福、愛を包む


秋~冬咲き種のオキザリス2種  長い間咲いています。
オキザリス・グラブラ
no.32  オキザリス・グラブラ.JPG
オキザリス・バーシーカラー
no.33  オキザリス・バーシーカラー.JPG
カタバミ科 カタバミ(オキザリス)属
原産地 南アフリカ
花言葉 輝く心、母親のやさしさ、喜び



* いつもご訪問頂き有難うございます *










"冬の散歩道(2)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント