鴨たちがいっぱい♪

昨日は大寒でした。期間でいえば1月20日(水)~2月2日(火)だそうです。

皆様、寒中お見舞い申し上げます。

今年もいつもの川へカモ(鴨)たちがたくさん来ています。
川の右岸は国道で車がひっきりなしに走り、川幅は狭く
水が澄んで綺麗ともいえない川のどこがいいのでしょうか。
エサの藻が豊富なのでしょうね。川面まで人が近づけないのもいいのかも。
no.1.JPG

カワウ(河鵜、川鵜)が水から顔を出しています。
no.2  カワウ.JPG

カルガモ(軽鴨)
no.3  カルガモ.JPG

ヒドリガモ(緋鳥鴨)
no.5  ヒドリガモ.JPG

オオバン(大鷭)
no.6  オオバン.JPG

カワウ(河鵜) 石の上で見張り番?
no.7  カワウ.JPG
鴨たちが飛び立とうとしています。
no.8.JPG

それにつられるようにカワウが一羽飛び立ちました(突然のことでボケボケです)
no.9.JPG
残された一羽は平然と石の上に佇んでいます。
no.10.JPG

オナガガモ(尾長鴨)の雌でしょうか?
no.11  オナガガモ.JPG

マサキ(正木)の実 堤防傍の民家の庭の木です。
花は地味ですが、実は鮮やかな色ですね。
no.12.JPG
no.13  マサキ.JPG no.14.JPG
別名 オオバマサキ、ナガバマサキ、コバマサキ
ボウシュウマサキ、ヤクシママサキ
ニシキギ科 ニシキギ属
分布 中国、朝鮮半島、日本(北海道南部以南)、本州、四国、九州、琉球、小笠原
花言葉 厚遇

堤防斜面には沢山のニホンスイセン(日本水仙)
no.15  スイセン.JPG no.16.JPG
ヒガンバナ科 スイセン属   
原産地 地中海沿岸
花言葉 自己愛、エゴイズム


川の中には沢山のカモたち  
ヒドリガモ、オナガガモ、オオバンとお馴染みの水鳥たちです。
no.17.JPG

ヒドリガモ(緋鳥鴨)
no.18.JPG
番でしょうか?
no.19 ヒドリガモ番.JPG
no.20.JPG
人の気配がすると飛び立ちます。
車の音には反応しないのにどうしてわかるのかしら?
no.21.JPG
no.22.JPG
大空を旋回して戻ってきました。
no.23.JPG
no.24.JPG

オナガガモ(尾長鴨)
no.25  オナガガモ.JPG
no.26  オナガガモ.JPG
no.27.JPG
no.28.JPG

500mほど上流へ来ました。ここにもたくさんいます。
no.29.JPG
no.30.JPG

ハシビロガモ(嘴広鴨) あまり見かけないカモです。
no.31  ハシビロガモ.JPG

オオバン(大鷭)ヒドリガモ(緋鳥鴨)
no.32  オオバン.JPG
no.33.JPG
no.34.JPG

no.35.JPG
no.36.JPG
no.37  オオバン.JPG

いつまで見ていても飽きませんが、寒くなってきたのでそろそろ帰ります。
no.38.JPG

no.39.JPG

no.40.JPG

小雨が時々パラついていたと思ったら、北の空に虹が出ていました。
綺麗な半円にはならなかったですが、久しぶりに見ました♪
no.41 虹.JPG



                      撮影日: 1月 17日 




* いつもご訪問頂き有難うございます *






"鴨たちがいっぱい♪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント