ekoの四季折々

アクセスカウンタ

zoom RSS アクア・トトぎふ (アジアの川の魚たち)

<<   作成日時 : 2018/02/04 06:00   >>

ナイス ブログ気持玉 181 / トラックバック 0 / コメント 32

今日は立春、暦の上では春ですが、水曜日頃まで雪予報です。

まだまだ春は足踏みしているようです。ゆっくり待つことにしましょう♪

世界淡水魚園水族館(アクア・トトぎふ)の続き、アジアの川の魚たちです。


釧路湿原の魚

イトウ  体長70p
画像
画像
(説明文は大きくなります)
画像画像





画像




エゾウグイ  体長20p
画像
川の流れのゆるやかな場所の底層を泳ぎ、主に底に住む昆虫や小魚、
海藻などを食べます。一生を淡水で過ごします。



ヤチウグイ  体長10p
画像画像
アブラハヤやタカハギなどの近縁種、湿地帯などの緩やかな場所に生育します。



吉井川の魚 岡山県〉

カネヒラ  体長10p
画像
日本に生息するタナゴ類では一番大きくなります。秋から冬にかけて
二枚貝に産卵し、稚魚は次の年の春、貝から泳ぎだします。



アユモドキ  体長10p
画像
昼間は川や用水路の石の隙間に隠れ、朝と夕方に活発に泳ぎまわります。
水中の虫など小さな生き物を食べます。姿がアユに似ているとついた名前です。



カラヒガイ  体長12.2p
画像
中国に生育するヒガイの仲間です。流れの緩い場所を好み、
藻類や底生動物を食べます。体に美しい横縞模様が入ります。




揚子江の魚

アオウオ  体長180p

味の良さと成長の速さから中国ではソウギョ、ハクレン、コクレンとともに
四大家魚と呼ばれ重要な食用魚となっています。
画像
(手前)カワアカメ  全長 13p
現地では食用とされています。乱獲などの影響により
生息数が減っており、養殖技術の開発が進められています。



ラスボラ・スマトラナ  全長13p
画像
小川や支流から大きな川の中流域に分布しています。



キンセンラスボラ  体長4p
画像
尾びれの付け根が赤くなるので、レッドテールラスボアとも呼ばれます。
動物プランクトンや昆虫類、甲殻類などを食べます。



ジャイアントダニオ  全長15p  ピンボケです。
画像
標高300m程の場所に住んでいます。渓流の水面に小さな群れをつくります。
おもに小さな昆虫や甲殻類を食べます。




メコン川の魚

メコン川はチベット高原に源流を発し、中国の雲南省を通り、ミャンマーとラオス国境、
タイととラオス国境、カンボジア、ベトナムをおよそ4200キロに渡って流れ
南シナ海に抜ける国際河川の一つです。東南アジア最大の川です。

画像




レッドフィンバーブ  体長35p
画像
ひし形で大型のコイの仲間で現地では食用魚として重要です。
水草や陸上植物のほか、虫や小魚を食べます。




メコンオオナマズ  体長 300p  IUCN絶滅危惧IA類
画像
画像
メコン川のみに生息し、体重は350sにも達します。
生態に謎が多いことから、この魚にまつわる数々の伝説が生まれています。
野生個体の数は激減しており東南アジアで最も絶滅が心配されている淡水魚の一つです。
1990年以降個体数は80%以上減少しており、ここ数年の漁獲量は数個体となっています。
生態は不明な点が多く、メコン川をどのように移動し、どこで産卵して、どこでが育つのか
分かっていません。近年、水産資源として利用するため人工授精により得られた個体が
おもにダム湖や貯水池などに放流されていますが、もともと生息していない川にも
放流されてしまっています。                       − ネットより ー




スポッテッドインディアンナイフ  体長100p
画像画像
アロワナやピラルクーと同じオステオグロッサム目に含められている
原始的な魚類です。浮き袋を使って空気呼吸します。




タイガーバーブ  多分? 
画像
エラブタから尾ビレにかけて美しい縞模様が入ります。



イエローフィンバーブ  体長 40.5p
画像
ひし形をした大型のコイの仲間です。大きなうろこと黄色いヒレが特徴です。
現地では食用とされています。



パーカーポー  全長300p  (右後ろの黒い魚)
画像
コイ科の魚としては最大で3mをこえる記録があります。
タイでは食用とされています。



テッポウウオ  全長25p

バレンタインディーに因んでハート形の的に吊るした餌を水鉄砲で上手に落としていました。
人が多すぎて水鉄砲の写真が撮れなくて残念です。
画像画像
画像
画像
陸上にいる昆虫などに向けて、口から水鉄砲のように水液を吹きかけて
射落とすことができるのでよく知られています。



パールダニオトリゴノスティグマ・エスペイ(小さい方)
画像
パールダニオ 体長6.5p
体の色が光の反射で様々に変化するきれいな魚です。
広い範囲に分布し、地域によって体の色に違いがあります。

トリゴノスティグマ・エスペイ 体長2.5p
古くから“ラスボラ”の名で観賞用熱帯魚として親しまれています。
分布域が広く地域によって体の色や模様に違いがあります。



ドワーフスネークヘッド  体長20p
画像
小川や湖、湿地などに生息します、スネークヘッドの仲間では小型で
繁殖期のオスは口の中で卵や稚魚を保護します。



オニテナガエビ  体長40p
画像
世界最大のテナガエビです。重要な食用資源となっており、各国で盛んに養殖しています。



オスフロネムス・グラミー  体長70p
画像
オスは口から泡を出して水面に巣をつくり、卵や稚魚を守ります。
食用として東南アジアでは広く養殖されています。
グラミーの仲間は腹びれが変化した糸状の物が2本触角のように生えています。



スネークスキングラミー  全長25p
画像
画像
大型でヘビのような模様があります。タイでは食用や
観賞用として養殖される水産重要種です。



レッドテールブラックシャーク  全長10〜15p
画像
サメのような体形をしたコイの仲間



スリースポットグラミー  全長15p
画像
オスは水面に泡の巣を作ります。メスが300〜1000個の卵を産むと
オスは巣にとどまり稚魚が泳ぎ出すまで卵や稚魚を守ります。



シルバーグラミー  体長13p
画像
水生植物の多い場所に生息し、動物プランクトンや小さなエビ、昆虫などを食べます。
繁殖期のオスは腹ビレがオレンジ色になり激しく争います。



画像


珍しい魚を見てきました。メコンオオナマズ、ほんとに堂々とした大きさでした。



(続く)




                                 1月 28日 





* いつもご訪問頂き有難うございます *




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 181
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
沢山おりましたが なじみは イトウかなぁ・・・
でも あまりに上品そうな育ちのいい?イトウくんですねぇ・・
ワタシのイメージ的には
かかって来い! って感じの元気魚なんですが
って マイナス20度
さすがに 濡れタオルを振り回しても
すぐには凍りませんが
鼻で息をすると鼻毛が凍るというか・・
サンダル履きで外に出ると
足を地につけた瞬間 凍って
油断すると サンダルのみのこって
第二歩はじかに雪の上・・ん
何て感じかなσ(゚ー^*)
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2018/02/04 07:52
花より知っている名前が多いのは
元男の子のせいなんでしょうか…

予報は晴れなのに
こちらは今、雪が舞って来ました
散歩中やけに冷えるなぁと思ったわけだ。
らん太郎。
2018/02/04 09:28
こんにちは。

立春ですね。
でもまだ春は遠いですね。
寒いです。
淡水魚は色が地味ですが、こうやってみると面白いですね。
トトパパ
2018/02/04 10:04
イトウは鬼の魚と書くのですか。鬼の顔には見えないけれど、2.4mにもなるのですね。ビックリ。
長さん
2018/02/04 11:39
世界中 ? の淡水魚が飼育されているのですね。
見てみたい物です。
イトウという魚は初めて見たのですが、綺麗な魚ですね。
夕焼け
2018/02/04 13:42
 北海道のイトウ姿は大きいけれど、大人しそうですね。それに比べ、外国の種は、とても凶暴そうで、日本の小魚などは、全く太刀打ちできないように思えます。
 グラミーは可愛い魚ですね。細長い物は腹びれなんですね。不思議な生き物です。
藍上雄
2018/02/04 14:23
こんにちは

メコン川の魚は
頂きました
トラック一杯の大きさや
ナマズなどはごちそうでした
無門
2018/02/04 20:03
日本の淡水魚だけではなく外国の淡水魚もたくさんいるのですね〜〜。メコンオオナマズ、ものすごく大きいですね。こんな大きな魚がいるのも大河だからでしょうね。鉄砲魚の実験面白いですね。ちゃんとハート撃ち落とせたのでしょうか^^
かるきち
2018/02/04 22:05
 └|∵|┐高忠┌|∵|┘さんへ コメント有難うございます。
この水族館のイトウは上品そうな育ちが良い感じですか。施設で育てられてるせいでしょうね。
やはりマイナス20℃というと想像が出来ない寒さですね。サンダルが土の寒さで凍ってしまうんですね。
eko
2018/02/04 22:54
こんばんは!
イトウのことが出てくる小説を昔読んだ記憶があるのですが、題名も作者も全然覚えていません。
何だったかなぁ〜と、今夜は眠れそうもありません…なんて、ウソです。
あっ、小説のことは本当ですよ(笑)
うふふ
2018/02/04 23:00
 らん太郎。さんへ コメント有難うございます。
花より知っている名前が多いですか。流石男の子ですね。
こちらも夕方から雪が降ってきました。今5pほど積もっています。寒いです。
eko
2018/02/04 23:04
 トトパパさんへ コメント有難うございます。
立春ですが、夕方から雪が降っています。現在5p程積もっています。明日の朝までにもう少し積もりそうです。寒いです。
淡水魚は色が地味ですが、面白い魚がいますね。
eko
2018/02/04 23:07
 長さんへ コメント有難うございます。
イトウの漢字は魚へんに鬼と書くそうです。鬼には見えませんが、元気な魚のようです。大きくなりますね。
eko
2018/02/04 23:10
おはようございます。

北海道や世界中の淡水魚を見られるのですね。

すごいなあ!(^o^)!
koji
2018/02/05 07:26
 ご無沙汰してました。
 以前、インディアンナイフのちいさ〜いコを「形がかっこいい!」と何も知らずに購入しようとして、店員さんに叱られたことがあります。100p・・・!そりゃ、叱られるよね〜。
 地味系なおさかな、いいですね〜。
Nyanta
2018/02/05 09:53
 夕焼けさんへ こちらへもコメント有難うございます。
世界の淡水魚も見ることが出来ます。大きな魚から小さな魚まで見応えがあります。
ここのイトウは綺麗な色をしていますね。実際はもっと荒々しく見えるようです。
eko
2018/02/05 10:38
 藍上雄さんへ コメント有難うございます。
北海道のイトウは幻の魚といわれ、太公望にとっては釣ってみたい魚のようです。水族館の魚は大人しそうに見えますが、実際はもっと荒々しいようです。
外国さんの淡水魚、見るからに体の大きいものもいて強そうです。
グラミーの細長い糸のような物は腹びれが変化したものだそうです。不思議ですね。
eko
2018/02/05 10:43
 無門さんへ コメント有難うございます。
メコン川の魚は食べられたんですね。お味は如何でしたか?ナマズなど日本にいるものと同じですか?
eko
2018/02/05 10:44
 かるきちさんへ コメント有難うございます。
外国の淡水魚も沢山飼育されています。想像も出来ないくらい大きくなる魚や可愛い魚のたくさんいました。
テッポウウオ、一発でハートにつけられた小さな餌を打ち落としました。失敗はしなかったです。人が多すぎて写真が撮れなかったのが残念です。
eko
2018/02/05 10:48
 うふふさんへ コメント有難うございます。
イトウといえば開高健さんが頭に浮かびます。何で見たのかは覚えていませんが「イトウ」を是非釣って見たいというようなお話をしていました。その時から「イトウ」とはどんな魚か興味が湧きましたが、初めて見たのがこの水族館、意外に綺麗な魚だと思いました。
eko
2018/02/05 10:55
 kojiさんへ コメント有難うございます。
日本だけでなく世界の淡水魚が見られます。この後コンゴ川(アフリカ)やアマゾン川(南米)の魚も載せますので、良かったら見てください。
eko
2018/02/05 10:58
 Nyantaさんへ コメント有難うございます。
お久しぶりです。
インデアンナイフの稚魚は可愛いのですか。こんなに大きくなる魚、家庭で飼うことは無理だと思います。店員さんもびっくりされたのでしょう。
淡水魚は地味ですが、でも面白いでしょう。
eko
2018/02/05 11:01
世界中のお魚
綺麗に撮れていますね
私は失敗の写真ばかりでした
ジュン
2018/02/05 11:20
メコン川の魚、コワモテですね〜。
肉食なんでしょうか。。
あんな大きな魚に襲われたら
ひとたまりもありませんね((( ;゚Д゚)))
ふーう
2018/02/05 16:58
 ジュンさんへ コメント有難うございます。
写真のこと有難うございます。水槽の中の魚は写しにくいですね。
世界の淡水魚も様々いて面白かったです。
eko
2018/02/05 17:41
 ふーうさんへ コメント有難うございます。
ほんとメコン川の魚強面揃いですね。人間を襲うことはないと思います。実際大きな魚に襲われるとしたらひとたまりもないでしょうね。
eko
2018/02/05 17:42
アジアの川の魚、たくさん見せてもらいましたが、おそらくまだこれでも一部なんでしょうね。
世界の川の魚となれば、凄いことになってしまいそうです。
珍しい魚たちばかりで、どんな運命か、人間に捕まり、アクア・トトぎふに連れてこられたのですね。
ここで生まれた魚の子も多いでしょう。
人生いろいろ、魚生もいろいろありますね。
トンキチ
2018/02/05 18:20
こんばんは!(^^)♪

お花だけではなく おさかなにも詳しい

びっくりしました 私が知っているのは

イトウだけです

お魚は 釣りも食べるのも ダメな私ですが^_^;
H.R
2018/02/05 19:56
 トンキチさんへ コメント有難うございます。
アジアの川の魚たちまだ沢山飼育されていましたが、全部は撮りきれません。目についた魚をランダムに撮ってきました。
まだアフリカのコンゴ川、南米のアマゾン川の魚たちもいます。
ここでは飼育だけではなく繁殖にも力を入れているようです。ここにいるのが幸せかどうかは分かりませんが、食べられることはありませんね。
eko
2018/02/05 22:19
 H.Rさんへ コメント有難うございます。
いえいえ魚に詳しくはありません。写真とラベルが付いていたのでそれも一緒に撮ってきました。
自然の中のイトウはは見たことがありませんが、ここのイトウは美しいと思います。
お魚はお好きではないですか?私は川魚より海の魚の方を食べるのは好きです。
eko
2018/02/05 22:23
珍しい淡水魚の綺麗で優雅な泳ぎに魅せられました。
一番最初に登場したイトウ、大きくて印象力抜群ですね。
私の絵のモチーフは魚の群れなのでつい釘漬けになりました。
それとタイやベトナムで食べた魚があったかもしれません。
みなみ
2018/02/06 13:15
 みなみさんへ コメント有難うございます。
淡水魚といっても様々な魚がいて面白いですね。イトウはこの水族館で初めて見ましたが、綺麗な魚ですね。実際はもっと荒々しいようです。
絵のモチーフが魚の群れですか。参考になれば嬉しいです。
タイやベトナムで食べられた魚もあるかもしれませんね。
eko
2018/02/06 17:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
アクア・トトぎふ (アジアの川の魚たち) ekoの四季折々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる